NFTを始める

【STEP2】MetaMask(メタマスク)でウォレット(財布)を開設する【簡単5分で完了します】

なんでメタマスクでウォレットの開設が必要なの?
開設したいけど詐欺サイトなどが不安・・

こんな悩みを解決します。

 

NFTを買う手順は5STEPで完了します。

STEP1 仮想通貨取引所で口座を開設する
STEP2 メタマスクでウォレット(財布)を開設する
STEP3 メタマスクに仮想通貨(イーサリアム:ETH)を送金する
STEP4 NFTマーケット(OpenSea)に登録する
STEP5 OpenSeaでNFTアートを販売・購入する

今回は、「STEP2:メタマスクでウォレット(財布)を開設する」について詳しく説明していきます。

 

本記事の内容

  • MetaMask(メタマスク)とは何なのか
  • MetaMask(メタマスク)のインストール手順【3STEP】
AIKO
AIKO
メタマスクは偽サイトなどが多く、トラブルが多いので注意しながら進めましょう!

ここでは安心・安全に登録する手順を紹介するのでご安心下さい。

 

本記事の著者

私は現在、話題のNFTである「CNP」を保有しており、今後も増やしていく予定です。
コインチェックやメタマスクは日ごろから触れているので慣れています。

 

ちなみにMetaMask(メタマスク)を利用するには、暗号資産取引所で口座開設が必要になります!

AIKO
AIKO
MetaMask(メタマスク)との相性の良い『コインチェック』がおすすめです。

まだの方はコチラから無料口座開設を済ませましょう!

最短5分で完了するほどカンタンです。

 

また今なら『2500円分のビットコイン』が貰えるキャンペーン中です。

今すぐコインチェックで無料講座開設して2500円分のビットコインをもらう!>>>

2022年6月30日(木)までに、開設後1円でも入金すると2500円分のビットコインをもらえるキャンペーン中!
予算が無くなり次第終了との事なので早めに登録しましょう!

注意:口座開設後72時間以内の入金が条件です!

 

口座開設手順は、コチラを見ながら進めるとスムーズです。

【STEP1】暗号資産(仮想通貨)取引所のコインチェックで口座を開設する こんな悩みを解決します。 『暗号資産』と『暗号資産』と二つの呼び名に違いはありません。 ...

 

口座開設が出来たら、MetaMask(メタマスク)でウォレットを開設していきましょう!

こちらも5分くらいで完了します。

MetaMask(メタマスク)を簡単に理解しておこう!

MetaMask(メタマスク)は簡単に言うと『財布』です。

もう少し詳しく言うと、暗号資産取引でしか使えない特別な財布の役割をします。

なのでこの財布が無いと、暗号資産でのお買い物が出来ないという事になります。

MetaMask(メタマスク)のメリットは5つ!

そんなMetaMask(メタマスク)にはメリットが5つあります。

それがコチラです。

  1. 世界で一番使われている
  2. 送金や入金が可能で簡単に扱える
  3. イーサリアムなど様々な暗号資産を保管できる
  4. 世界最大のopenseaと連携が可能
  5. 日本語・日本円表記なので安心

この様な理由から、初心者の方にはおススメのウォレットなのです!

 

その他にも、「DeFiやNFT・ブロックチェーなどで利用できる」などがあります。

なに言ってるか分からないと思いますが、NFTに触れていくうちに理解できるので、ココはサラッと流しましょう!

 

MetaMask(メタマスク)のデメリットは2つ!

逆にMetaMask(メタマスク)にはデメリットもあります!

それがコチラです。

  1. 使用できるブラウザが少ない
  2. ハッキングのリスクがある
  3. そもそも手間

使用できるブラウザは、GooglechromeとFireFoxでだけです。

基本的には、『Googlechrome』で操作する方が使いやすいかなと思います。

 

また、MetaMask(メタマスク)にはそっくりな(ほぼ同じです)偽サイトがあり、そちらに接続してしまうと暗号資産は全て吸い取られてしまいます。

当サイトで紹介してるURLは安全の公式サイトです。(後ほど記述しています。)

 

デメリット3つ目に上げた『そもそも手間]』と言うのは、私が使ってみて感じた事です。

わざわざ特別な財布を作ってそこからしかお金を出せない仕組みです。

 

ココは慣れるしかないですが、ビジネス系インフルエンサーのイケハヤさんも言っていましたが、近い将来クレジットカードでNFTが買えるようになるそうです。

AIKO
AIKO
それまでは、MetaMask(メタマスク)のウォレットを使うしかないようですね。

MetaMask(メタマスク)のインストール手順【3STEP】

MetaMask(メタマスク)を使用するには、暗号資産取引所の開設が必要になります。

初心者の方におススメなのは操作が簡単で安全性の高い『コインチェック』です。

AIKO
AIKO
まだの方はコチラの記事を確認しながら登録を進めて下さいね。

まだの方はコチラの記事を確認しながら登録を進めて下さいね。

【STEP1】暗号資産(仮想通貨)取引所のコインチェックで口座を開設する こんな悩みを解決します。 『暗号資産』と『暗号資産』と二つの呼び名に違いはありません。 ...

 

MetaMask(メタマスク)のインストールは、3STEPで完了します。

それがコチラです。

  1. GooglechromeからMetaMask(メタマスク)のインストール
  2. ウォレットの作成
  3. シークレットリカバリーフレーズ(シードフレーズ)の入力

ではやっていきましょう!

【STEP1】GooglechromeからMetaMask(メタマスク)のインストール

まずはGooglechromeを開きましょう!


FireFoxでも可能なのですが、chromeの方が使いやすいです。

そしてMetaMask(メタマスク)公式サイトにアクセスします。

MetaMask(メタマスク)公式サイトはコチラ【https://metamask.io/】

上記のリンクは安全です!常にURLを確認しましょう!

 

MetaMask(メタマスク)公式サイトにアクセスすると、下記の画面が開きます。

この時、

①のURLが【https://metamask.io/】になっているか念のため確認しましょう!

②は『英語』にしておきます。

「Download」クリックします。

 

下の方までスクロールするので「Install MetaMask for Chrome」をクリックします。

 

すると下記画面が出てきます。

「Chromeに追加」をクリックします。

 

 

次の権限にアクセス可能:・・・・と出るので「拡張機能を追加」をクリックします。

AIKO
AIKO
メタマスクのインストールはこれで完了です!

 

メタマスクはNFTを買うたびに呼び出しが必要なので、ブラウザにピン留めをしてすぐに使える状態にしておきましょう!

ブラウザ右上にあるジグソーパズルマークをクリックします。

すると追加されている拡張機能一覧が出てきます。

「MetaMask」横にあるグレーの押しピンをクリックすると青色になるのでこれで完了です。

 

【STEP2】ウォレットの作成

インストールが出来たら、次にウォレット(財布)を作成していきます。

インストール後、この画面になっていると思うので、「開始」をクリックします。

 

MetaMaskを初めてご利用の場合という画面になるので、「ウォレットを作成」をクリックします。

 

MetaMaskの品質向上へのご協力のお願いという画面になります。

目を通したら「同意する」をクリックします。

 

パスワードを作成する画面になります。

自分だけが分かるパスワードを2回入れます。

利用規約にチェックいれます。

最後に「作成」をクリックしたら、ウォレット作成の完了です。

AIKO
AIKO
本当に簡単ですね。
あと一息です!

【STEP3】シークレットリカバリーフレーズ(シードフレーズ)の入力

なんだか難しそうな言葉が出てきますが、要するに今は財布に鍵が無い状態です。

うっかりしていると他人にお金を抜き取られる可能性があります。

そうならないために、鍵を作成していきます。

 

パスワードの作成をすると下記の画面が出てきます。

サイドバーに書いてある内容にも目を通しておきましょう。

「次へ」をクリックします。

 

「秘密の言葉を表示するには、ここをクリックします」をクリックします。

 

ここに書いてある12語の単語は、デジタルでメモを残すのではなく、紙に書いて保管する事をおススメします。

もし流出したら簡単に資産を盗まれます。

 

先ほどメモした順に、単語をクリックしていきます。

 

全ての単語を選択したら「確認」をクリックします。

 

これで、シードフレーズの確認は完了です。

「すべて完了」をクリックします。

 

上記の画面になればこれで、メタマスクのウォレット作成は完了です。

 

AIKO
AIKO
お疲れ様でした!

 

\コインチェックの口座開設完了していればSTEP3へ進みましょう!/