暗号資産を始める

【アバランチ(avalanche)】仮想通貨の買い方や特徴・将来性について徹底解説!

なや子さん
なや子さん
国内取引所でアバランチ(AVAX)って買えるの?
仮想通貨AVAX(アバランチ)の買い方を分かりやすく教えて欲しい。

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 【アバランチ(avalanche)】とは?
  • 【アバランチ(avalanche)】の買い方
  • 【アバランチ(avalanche)】の特徴
  • 【アバランチ(avalanche)】の将来性

これらについて丁寧に解説していきます。

 

本記事の著者

そんな私も、仮想通貨を数種類運用しており、少しずつ利益も出てきました。

 

アバランチ(avalanche)処理速度が極めて高く、高セキュリティというメリットを持ち将来を期待されている仮想通貨です。

なぜなら、2021年9月には過去最高価格を突破し、今後もさらなる成長が期待されているからです。

この記事を読み終える事で、仮想通貨・アバランチ(avalanche)の買い方や特徴、将来性を理解でき、安心して購入が出来るでしょう!

 

国内取引所を利用する方法

日本でアバランチ(avalanche)を取り扱っているのは「OkCoinJapan(オーケー・コインジャパン)」しかありません。

口座開設はコチラの記事が分かりやすかったので、参考にしながら登録してみて下さい。

OkCoinJapan(オーケー・コインジャパン)で口座開設する>>

 

海外取引所を利用する方法

また海外取引所であるバイナンス(BINANCE)でも購入する事が可能です。

バイナンス(BINANCE)から購入したい方はコチラの記事を参考に登録を進めて下さい。

【簡単】バイナンス(BINANCE)の登録を日本語でする方法!特徴やメリット・デメリットもバイナンス(BINANCE)は英語表記で難しいのでは?と感じますが、実は日本語対応のサイトがあります。なので安心して登録が出来るのです。また、バイナンスの特徴なども併せて解説していきます。...

 

その場合は、日本の取引所が必要なので、操作画面がシンプルで使いやすい『コインチェック』で開設しておきましょう!

コチラから無料口座開設ができます。

最短10分で完了するほどカンタンです。

 

また今なら『1500円分のビットコイン』が貰えるキャンペーン中です。

今すぐコインチェックで無料口座開設して1500円分のビットコインをもらう!>>>

2022年9月30日(金)までに、開設後1円でも入金すると1500円分のビットコインをもらえるキャンペーン中!
予算が無くなり次第終了との事なので早めに登録しましょう!

注意:本人確認後72時間以内の入金が条件です!

 

【仮想通貨】アバランチ(avalanche)とは?

まず、アバランチ(avalanche)とは何か、また購入の仕方について解説します。

 

アバランチ(avalanche)とは、イーサリアムのスケーラビリティ問題(処理遅延、手数料の高騰)を解消するために開発された仮想通貨のことです。

 

ブロックチェーン名 Avalanche(アバランチ)
通貨名・トークン名 AVAX
ティッカーシンボル AVAX
最大供給量 7.2億枚
公式サイト https://www.avax.network/

 

管理者が不要な仮想通貨でありながら、圧倒的な速度のトランザクションスピード(1秒あたり6500件)を誇ります。

 

トランザクション(送金などの処理)の処理スピードの遅延は仮想通貨が普及しない要因にもなっています。

たとえば代表的な仮想通貨のビットコインの1秒間の処理速度は、3~7件程度です。

 

大手クレジットカードのVISAだと4000件にも及ぶので、その差は一目瞭然です。

しかし、アバランチ(avalanche)はこれをも上回る処理速度ですので、驚異的といえます

【仮想通貨】アバランチ(avalanche)の買い方・購入方法は?

アバランチ(avalanche)の購入方法は次の通りです。

日本の取引所で購入する場合

購入手順
  1. OkCoinJapanでアカウント作成をする
  2. 開設した口座に日本円を入金する
  3. アバランチ(avalanche)を購入する

 

海外の取引所で購入する場合

購入手順
  1. バイナンス(BINANCE)でアカウント作成をする
  2. コインチェツクからバイナンスにBTCなどを送金する
  3. アバランチ(avalanche)を購入する

アバランチ(avalanche)の購入は2つありますが、既に口座を持っている方で購入するのが良いと思います。

 

【アバランチ(avalanche)】特徴について

アバランチ(avalanche)の特徴は次の5つです。

  1. ビットコインやイーサリアムと同じパブリックチェーン
  2. 定期的に焼却(バーン)を実施している
  3. 誰でも簡単にNFTを発行できる
  4. 高いスケーラビリティ
  5. イーサリアムとの相性がいい

では1つずつ詳しくみていきましょう。

【アバランチの特徴①】ビットコインやイーサリアムと同じパブリックチェーン

アバランチ(avalanche)はパブリックチェーンのため、使用する際には独自の仮想通貨が必要です。

アバランチ(avalanche)の独自通貨は「AVAX」と呼ばれるものです。

 

【アバランチの特徴②】定期的に焼却(バーン)を実施している

焼却(バーン:Burn)とは、運営者が保有している仮想通貨の一部を永久的に使えないようにすることをいいます。

これを行うことにで市場に流通するAVAXの量は減少、1AVAXあたりの価値は上昇します。

つまり、アバランチ(avalanche)が使われるほどAVAXの価格は高騰することになるのです。

 

【アバランチの特徴③】誰でも簡単にNFTを発行できる

アバランチ(avalanche)の大きな特徴の1つに、提供している専用のウォレットを使って誰でも簡単にNFTを発行することができる点があります。

NFTの発行手数料もかなり安価なので、始めやすいといえます。

 

【アバランチの特徴④】高いスケーラビリティ

スケーラビリティとは拡張性のことで、取引量が増加しても処理速度や処理コストに影響が出ない性能のことをいいます。

この拡張性が高いこともアバランチ(avalanche)の大きな特徴です。

 

【アバランチの特徴⑤】イーサリアムとの相性がいい

アバランチ(avalanche)は、イーサリアムのEVMと配下にあるツールをすべてサポートしており、互換性があります。

開発済のプログラムに手を加えることなく利用でき、AVAXは参入のハードルが低く、より多くの開発者が参入しやすいのです。

 

【アバランチ(avalanche)】将来性について

2020年9月にメインネットを立ち上げて以降、アバランチ(avalanche)は着々と価格が上昇しています。

 

また、アバランチ(Avalanche)はイーサリアム(ETH)と高い互換性があると言われています。

これによって、イーサリアムの処理速度の遅さを、アバランチ(Avalanche)が解消する事が出来る可能性があります。

AIKO
AIKO
イーサリアムと互換性があるAvalancheに乗り換える人が多くなると更に需要が高まり、価格も高騰しそうですね!

 

また、アバランチ(avalanche)はDefi(分散型金融)への貢献度も高いといわれ、その点でも将来性への期待が大きいものとなっています。

まとめ

今回は、【アバランチ(avalanche)】仮想通貨の買い方や特徴・将来性について徹底解説してきました。

魅力満載のアバランチ(avalanche)は、今後も期待できる仮想通貨といえそうです。

 

また下記の記事では最近日本でも売買が出来るようになった「ポリゴン」について解説しているので併せて読んでみて下さい。

【2022最新】ポリゴン(仮想通貨)の将来性や特徴は?日本で購入する方法も こんな悩みを解決します。 結論から言うと、ポリゴン(仮想通貨)は、2022年8月現在、日本の取引所で購入できるようになりま...