NFTゲーム

【無料】Sweatcoin(スウェットコイン)の特徴や将来性について徹底解説!

AIKO
AIKO
Sweatcoin(スウェットコイン)って凄いの?始める前に、特徴や将来性が知りたい。

こんな悩みを解決します。

Sweatcoinは2022年9月15日に、暗号資産(仮想通貨)の『$SWEAT』をローンチすると発表があったので将来性は期待できると確信しています。
*理由などはのちほど解説しています。

 

本記事の内容

  • Sweatcoinの特徴
  • Sweatcoin(スウェットコイン)の将来性

これらについて丁寧に解説していきます。

 

本記事の著者

そんな私も日々歩くことで勝手に$SWEATが貯まっており、現在約500$SWEATになってます。
特にアプリを起動させる必要がないので気づいたらこんなに貯まっていました。

 

この記事を読むことで、Sweatcoin(スウェットコイン)の特徴や将来性を理解し、今からでもSweatcoin(スウェットコイン)を貯めたくなると思います。

 

稼いだ暗号資産は今後取引所で換金出来るようになります!

AIKO
AIKO
完全初心者の方には、操作が簡単なコインチェックがおすすめです。

コインチェック』で口座開設がまだの方はコチラの開設手順を見ながら無料口座開設を済ませましょう!

最短10分で完了するほどカンタンです。

登録ももちろん無料!!

 

また今なら『1500円分のビットコイン』が貰えるキャンペーン中です。

今すぐコインチェックで無料講座開設して1500円分のビットコインをもらう!>>>

2022年9月30日(金)までに、開設後1円でも入金すると1500円分のビットコインをもらえるキャンペーン中!
予算が無くなり次第終了との事なので早めに登録しましょう!

注意:本人確認後72時間以内の入金が条件です!

【無料】歩いて稼げる「Sweatcoin(スウェットコイン)」の概要

引用元:ハニートーチキン

ではこの『Sweatcoin(スウェットコイン)』とは一体なんでしょうか。

それがコチラです。

『Sweatcoin』とは?

アプリをダウンロードして歩くだけで初心者でも簡単に『SWC』という暗号資産が無料で稼げるアプリケーション

 

無料で初心者でも簡単に暗号資産『SWC』が稼げるアプリである『Sweatcoin』は、歩いて稼ぐことをテーマにしたMove to Earn(ムーブ・トゥ・アーン)のプロジェクトです。

プロジェクト名 Sweatcoin(スイットコイン)
運営会社 Sweatco Ltd
通貨名 SWC(スウェットコイン)
取引所 未上場(2022年9月上場予定)
対応デイバイス iPhone android
年齢制限 無し

 

無料と聞くと怪しいと思う方も多いようです。

この様に、怪しいとの声も少なからずありますが、次の特徴をご覧いただければそんなことが無いと分かって頂けるのではないかと思います。

 

【無料】歩いて稼げる「Sweatcoin(スウェットコイン)」の特徴

Sweatcoin(スウェットコイン)の大きな特徴は5つあります。

それがコチラです。

  1. 初期費用が無料で始めやすい!
  2. 稼いだ通貨で様々な商品を購入できる
  3. 世界中に約6,400万人ユーザーがいて30カ所以上の国で提供されてる
  4. 歩いて暗号資産をゲット!一日最大10SWCが稼げる
  5. 2022年夏に上場予定で価格が高騰する?

では一つずつ見て行きましょう。

特徴①初期費用が無料で始めやすい!

引用元:ことくらべ

特徴1つ目は初期費用が無料なことです。

同じくMove to Earnゲームで有名なSTEPN との比較はコチラです。

プロジェクト名 Swetcoin STEPN
初期費用 無料 約10~15万
登録対象 どなたでも 招待コードが必要
維持費 手数料(稼いだSWCの5%) NFTの修理や靴のレベル上げが必要

これはかなりの差がありますね。

 

しかしこの部類はこんな声もあります。

知名度からして、少し抵抗のある方が多数、さらに無料と聞けば怪しいと思う方も多いのです。

 

ではこの「Sweatcoin」はなぜ無料になるのかは、ズバリこんな理由からです。

運営費は広告収入サブスクリプション費用で収益を得ている

どういった内容になってるのでしょうか。

 

広告費用からの収益

広告費用とは、アプリ内での広告視聴をすると抽選で0~1000SWCランダムで当たるチャンスが得られます。

引用元:さいさいと

広告は30秒~1分が多く「スキップ機能」は無いので最後まで視聴することが必須です。

しかし、「Sweatcoin」は広告視聴で利益を、ユーザーは視聴し「SWC」を稼げるチャンスを得られるので、双方利益が得られる仕組みです。

 

サブスクリプションからの収益

サブスクリプションでは、無料ユーザーの一日得られる「SWC」を月額または年額払ってプレ三アム会員になることで歩数制限が解除されるのです。

 

歩数無制限の上、獲得できるコインが2倍る特典もあるので嬉しいですね。

その月額費用はコチラです。

 

iPhone月額550円・年額2700円

引用元:Plus+ラボ

android月額780円・年額3880円

引用元:クリプトる

androidの方が高めの設定ですが、得られる利益は大きいですね。

こんなことで収益を得ているので、初期費用は無料で始められるのです。

 

こうしてみると全く怪しくないですね。

AIKO
AIKO
初期費用が無料なので、気軽に始めることが出来て、安心安全なアプリだということが分かりますね。

 

\さっそくSweatcoinで稼いでみたい方はコチラ/

Sweatcoinの始め方やウォレット作成法!稼ぎ方5選を徹底解説>>

 

特徴②稼いだ通貨で様々な商品を購入できる

特徴2つ目は、稼いだ暗号資産(SWC)でいろんな商品に交換できます。

主にこんな3つの使い方の用途があるのです。

  • 商品と交換
  • 寄付
  • 換金

 

商品と交換といいますが、どんな商品なのかコチラです。

交換できる商品
  • ハイテクシューズ
  • Apple watch
  • カスタムメイドアクセサリー
  • Netfrixサブスクリプション1か月分
  • Amazonギフトカード
  • Apple Air Tag 

かなり豪華ですね。

 

また、不定期ですがイベントも開催されることがあるのです。

ここ最近のイベントの例はコチラです。

2022年5月は企画にエントリーして1か月で25万歩達成したユーザーには、全員「250SWC」配られ、そこから抽選で250ドル(2022年5月レート換算では約32,000円相当)のAmazonギフト券プレゼント!

引用元:クリプトる

こんな素晴らしい企画で欲しい商品が購入できる可能性もあるので、ぜひイベント情報もチェックしましょう。

 

また寄付をすれば、人や動物の支援団体に貢献できかつ有名なSave the Childrenの公式パートナーのため、子供たちの救済の為にも活動していることで信頼度も増しますね。

 

今後仮想取引所に上場すれば(2022年9月上場予定)、他の暗号資産や法廷通貨として取引利用が出来ます。

これから上場していくことを考えると、選択肢も広がりそうです。

 

AIKO
AIKO
今のうちに口座開設して準備しておきましょう!

今すぐコインチェックで無料講座開設して1500円分のビットコインをもらう!>>

 

特徴③世界中に約6,400万人ユーザーがいて30カ所以上の国で提供されてる

引用元:凹シズBLog

特徴3つ目は、「Sweatcoin」は2016年にイギリス発祥のフィットネスアプリで約6400万人ものユーザーがいるのです。

スマホがあれば誰でも無料で使えるのでそれが強みと言えます。

 

 

そして世界30ヵ国以上(2022年5月現在は36カ国)に提供されており、世界大手の仮想取引所OKXやTerra(韓国ソウルに拠点を置くブロックチェーン)創業者が出資する有望とされているプロジェクトです。

引用元:http//:gaiax-blockchain.com/terra

同じ部類のSTEPNは100万人登録ですので、凄い差がついてますね。

またこれだけ利用者がいれば、さらに安心できます。

実は、ここ最近でかなりユーザー数がのび9000万人突破との情報もあります。

 

 

今こうしている間にも、伸びているかもしれませんね。

それだけ凄いことが、分かると思います。

 

今すぐ始めたい方!Sweatcoinのダウンロードはこちら

ios版android版

 

\さっそくSweatcoinで稼いでみたい方はコチラ/

Sweatcoinの始め方やウォレット作成法!稼ぎ方5選を徹底解説>>

 

特徴④歩いて暗号資産をゲット!一日最大10SWCが稼げる

引用元:クリエイター生活

特徴4つ目は、「Sweatcoin(スウェットコイン)」はアプリを立ち上げて歩くだけで暗号資産「SWC」をゲットできます。

1000歩歩くごとに1SWCがゲットできて、一日で最大10000歩の10SWCを稼ぐことが可能です。

これだけゲットできるのが分かると、歩くのが楽しくなりそうです。

 

特徴⑤2022年夏に上場予定で価格が高騰する?

引用元:中卒バイトの人生が

特徴5つ目は、2022年の夏にSWAT(暗号資産)が上場予定であることです。

「Sweatcoin」では歩くと「SWC」がポイントされているのですが、上場後は暗号資産のSWTCoin($SWC)に交換できるようになるのです。

 

AIKO
AIKO
$SWCをBitcoinなどの暗号資産に換金した後、日本円に換金できるという事です。

【無料】歩いて稼げる「Sweatcoin(スウェットコイン)」の将来性

Sweatcoin(スウェットコイン)には将来性がかなり期待できます。

その理由がコチラです。

  1. Move to Earnが浸透してきた
  2. 多くのスポンサーが出資している
  3. 2022年9月15日$SWEATがローンチされる

では一つずつ解説していきます。

 

Move to Earnが浸透してきた

文字通りMove(動く) to Earn(稼ぐ)=動いて稼ぐプロジェクトですが、仕組みはこのようになってます。

引用元:マーケットアルファ

シューズの購入からスタート(Sweatcoinはシューズも無料)し、厳選な管理の元で報酬が得られる仕組みです。

 

また、『Sweatcoin』の公式HPでのコンセプトはこのように書かれていました。

引用元:Sweatcoin公式HP

「世界中で病気が蔓延したら大変なことになる」と、今のご時世ならば身をもって分かると思います。

ですが、健康でいたら病気にかかりにくくなり感染症が広がりにくくもなりますよね。

 

Sweatcoin』では、健康に気を配ることは社会貢献になるため歩いたり走ったりすることでも利益をもらう価値があるとしてるのです。

そして、気になる料金は無料とかなり魅力的なアプリになってます。

 

無料で始める事ができるM2Eアプリ3選

【NFTゲームで稼ぐ】歩くだけで稼げる無料アプリ3選!初心者向け最近歩いたり走ったりするだけで稼げるアプリが流行っていますね。本記事では、歩く走るで健康的に稼げる無料アプリ3選紹介します。...
AIKO
AIKO
私は3つのアプリをインストールしているので、歩くだけで3つのアプリでコインが溜まっています。一石三鳥です!

 

多くのスポンサーが出資している

出典:sweateconomy.com

Sweatcoinは、資金力のある数多くのスポンサーから出資を得ています。

例えばコチラです。

  1. SPARTAN
    →ブロックチェーン投資を行う投資会社
  2. OKEx Blockdream Ventures
    →大手海外取引所のOKExを親会社に持つ投資会社
  3. NEAR Foundation
    →NEARブロックチェーンの開発をサポートしている

他にも『GSR』や『jump_』など多く出資をされている様です。

AIKO
AIKO
出資する側も将来性を見込めないとしないので、これだけ多くの会社から出資を受けているという事は将来性があるという事に繋がると思います。

 

2022年9月15日$SWEATがローンチされる

Sweatcoinは2022年9月15日に、暗号資産(仮想通貨)の『$SWEAT』をローンチすると発表がありました。

Twitterでもこの発表は話題になり、Sweatcoinアプリのダウンロードが一気に伸びたそうです。

AIKO
AIKO
私もその一人です。

また、『$SWEAT』がどのくらいの価格なのかも気になります。

ローンチ後は、1Sweatcoin=1SWEATとして交換できるそうです。

 

また日本円でいくらになるのか調べたところ、

SWATの上場により1SWAT=10円~数十万

価格は上下するので10円となることもあれば10万円にもなりえるという事です。

AIKO
AIKO
Sweatcoinが盛り上がれば、自然と1SWATの値段は上昇するという事ですね。

 

\さっそくSweatcoinで稼いでみたい方はコチラ/

Sweatcoinの始め方やウォレット作成法!稼ぎ方5選を徹底解説>>

 

Sweatcoin上場後の展開は?

今後上場するとどうなるかも、発表されています。

 

発表の内容をまとめたのがコチラです。

  • 上場予定は2022年9月
  • 2022年年末にSWATの購入・交換・NFTの購入
  • 2023年~2024年にはSWAT DAO NFTマーケットプレイス
  • 2025年~連動データ分析

 

AIKO
AIKO
今は換金は出来ないので貯めるだけですが、上場後はNFTの購入やDAOなど期待しかありませんね。

 

また、貯まったコインはすぐに換金が出来るように、今のうちに口座開設の準備をしておきましょう!

今すぐコインチェックで無料講座開設して1500円分のビットコインをもらう!>>

 

上場後は稼ぎにくい?だから今始めると利益大!

引用元:レゴ投資家のブログ

上場するといい事ばかりですが、ユーザーがさらに増えるとコインも増えるのでインフレ率を考えた制限もかかる恐れがあります。

 

予想ではこのような制限になります。

2022年5月現在 1SWC 1000歩
2年後 1SWC 4900歩
5年後 1SWC 1万6100歩
10年後 1SWC 4万5200歩

 

このように増えるユーザーと共に、10年間の内にどんどん歩数が制限される予想ですね。

この傾向からして、2年後くらいまでには始めるのが一番ですね。

 

\さっそくSweatcoinで稼いでみたい方はコチラ/

Sweatcoinの始め方やウォレット作成法!稼ぎ方5選を徹底解説>>

 

まとめ

今回は、無料で始める事ができる「Sweatcoin(スウェットコイン)」の特徴や将来性について徹底解説しました。

無料で始める事が出来て、今後は貯まった$SWEATを換金できる可能性があるので、楽しみしかないですね。

また、大手の出資やローンチでSweatcoin(スウェットコイン)には将来性が期待できそうです。

 

以下の記事では、そんなSweatcoin(スウェットコイン)の始め方や稼ぎ方について徹底解説しているので、ぜひ併せて読んでみて下さい。

【無料】歩いて稼げるSweatcoinの始め方やウォレット作成法!稼ぎ方5選も本記事では、 歩いて稼ぐ「Sweatcoin(スウェットコイン)」の始め方と稼ぎ方5選について徹底解説していきます。...

 

また、以下の記事では歩くだけで稼げるアプリを3選紹介しているので、これを機に3つともDLして一石三鳥で稼ぎましょう!

【NFTゲームで稼ぐ】歩くだけで稼げる無料アプリ3選!初心者向け最近歩いたり走ったりするだけで稼げるアプリが流行っていますね。本記事では、歩く走るで健康的に稼げる無料アプリ3選紹介します。...
ABOUT ME
Aiko
初心者でもできる簡単な仮想通貨ブログの収益化やNFT/投資で稼ぐ方法を解説しています。